確定申告をfreeeでやってみた

     

-PR-

ところでここのランキングって今何位なの?↓↓


人気ブログランキングへ

間も無く確定申告の期限が迫っていますがみなさん申告は済ませたでしょうか?

 

当所も先日ようやく申告書を郵便で発送してほっと一息ついているところです。

 

 

さて、今日は当所の確定申告で大変お世話になった会計ソフトfreeeについて解説してみたいと思います。興味があった方も初めて聞いた方もfreeeとは一体どんな会計ソフトなのかを知るきっかけにして下さいね。

 

全自動のクラウド会計ソフト

 

全自動会計ソフトfreeeとは

まず最初に、会計ソフトfreeeの一番の特徴はクラウド会計ソフトであるということ。クラウドとはインターネット上のサーバーにデータを保管してインターネット環境があればどこからでもサービスを利用できるというものです。

 

外出先でも利用できる

freeeならいつでもどこでもインストール不要で利用できます。しかもスマホにも対応しているのでPCすら不要で確定申告ができてしまいます。たとえば、外出先で経費となる買い物をしたらその場でfreeeスマホアプリでレシートを撮影しそのまま帳簿に付けることもできちゃいます。

 

経理・簿記の知識不要

また、会計ソフトというと簿記や会計の知識を必要とするイメージがありますが、freeeならそのような知識は全く必要なく、会計初心者でも簡単に利用できる工夫がされています。

 

自動で帳簿作成

銀行口座やクレジットカードを登録しておくと、自動で入出金情報を取得して帳簿を作成してくれます。これが全自動会計ソフトといわれる特徴です。

 

macでも使える

ブラウザで利用するためmacでも使えます。個人的にはこれが一番うれしいかも♪

 

無料から利用できます

お試ししてみたい方は無料から利用できます。使いやすいと思ったら有料プランに変更すればいいので有難いですね。

 

 

使い方はとっても簡単

freeeにログインすると画面左下に「会計freee確定申告ナビ」という窓が表示されるのでナビに従って設定や入力をしていけば誰でも簡単に確定申告書の作成までたどり着くことができます。

 

freeeは使い方もとっても簡単

freeeは使い方もとっても簡単

 

e-taxにも対応

ナビに従って入力していけば確定申告書に必要な事項が連動して出力されるのであとは申告書を印刷して税務署へ持参または郵送すれば申告完了となりますが、それすら面倒だと感じる方もいると思いますが、そんな方におすすめなのがe-taxによる申告です。

 

e-taxを利用するためには住基カードとICカードリーダーが必要なので利用までのハードルは少し高いのですが、自宅で申告まで完結できる大変便利な機能なので活用してみましょう。

 

freeeならe-taxにも対応しているのでfreeeで作成したデータをそのまま利用することができます。

 

 

もちろん不動産投資家にも直感的に帳簿作成できるようになっていますのでご安心下さい。法人でも個人事業主でも白色申告や青色申告完全対応しています。

 

まだ2014年の確定申告が終わっていない方もまだ間に合うかも!?

終わっている方は是非2015年から使ってみて下さい。

 

 

本業はサラリーマンで副業として不動産収入がある方にもおすすめできる「全自動会計ソフトfreee」を是非体験してみて下さい。

 



 

今回の記事がためになったなぁ〜と思った方はポチっとしてくださいね。↓↓


人気ブログランキングへ

みんなでシェアしましょう





-PR-

     

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。