賃貸物件 管理は自主管理?不動産屋へ管理委託?

     

-PR-

ところでここのランキングって今何位なの?↓↓


人気ブログランキングへ

賃貸物件を取得して不動産投資を開始するためには物件の管理をしなければいけません。

 

不動産管理には「自主管理」と「委託管理」があります。

 

自主管理というのは読んで字のごとくオーナーが自ら物件の管理を行うことで「委託管理」は不動産業者などへ管理費を支払って物件の管理をお願いすることです。

 

不動産投資を初めたばかりの方は自主管理と委託管理のどちらにすればいいか悩むところかと思います。

 

当然ながらコスト面では自主管理の方が管理費が掛からないので安上がりになりますよね。

ちなみに不動産会社に委託管理を依頼した場合の管理費はおよそ月額収入の3%〜5%くらいが相場のようです。

 

この管理費を支払うことによって賃借人が入居してから退去するまで、または空室中のメンテナンスや入居募集すべてに対応してくれます。

節約のために自主管理をするとなればクレーム対応や家賃の回収をすべて自分でこなさなければならないためサラリーマンが副業で、というのは難しいでしょう。

 

当研究所では管理は委託することを推奨します。

せっかく不動産投資をしているのであれば目指すは経済的自由と時間的自由を得ることですよね。

戸建て賃貸数件くらいであれば自主管理も可能だと思いますが、1棟物の物件となると入居者の数も増えクレーム対応や賃料の督促などの対応に追われるようになります。

大金を投資したにも関わらず、入居者からのクレームに頭を下げ、賃料の滞納で回収計画が狂ってしまう・・・あなたはこんな思いをしてまで不動産投資をやりますか?

 

「そんなの経験を積んでノウハウを学べばこなせるようになる」と思うかもしれません。

 

しかし、入居者の中には理不尽なクレームをぶつけてくる人や悪質な滞納者もいます。

嫌な思いをしながらではなかなか続けられるものではありません。

 

管理費3%〜5%でこれらの苦労から解放されるのならむしろ安いと言えますがみなさんはどう思いますか?

 

今回の記事がためになったなぁ〜と思った方はポチっとしてくださいね。↓↓


人気ブログランキングへ

みんなでシェアしましょう





-PR-

     

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。